おうちと屋根

a0121280_133022.jpg
映画「小さいおうち」を見た。面白い映画でした。
舞台は、昭和初期の赤い三角屋根の平井家。物語はバートンの絵本と異なるが、<平入り>の大きな屋根は共通する。両方とも小高い丘に建つため、屋根の存在感を増すためにはやはりこの外観かな・・・。
子供たちに家の絵を描かせると大きな三角屋根が多いだそうだ。
原型は当時都市部で流行した文化住宅か。
映画を見ていてもついつい建物が気になります。
エンドロール。制作スタッフに見知った名前。彼も頑張ってるなあ・・・。
a0121280_13264972.jpg

by oka200x | 2014-03-04 21:09 | その他