カテゴリ:H邸( 7 )

建築では外回りのことを外構と言います。本体の外(そと)or付帯工事のように聞こえますが、大事な部分です。昔お屋敷をつくるときは、最初に庭、それから建築する順番だったそうです。建築は庭の一部という考えだったのでしょう。今となっては不可能ですが、外構は重要です。建物が引き立つかどうか、住宅街に潤いを持たせられるかどうか、大切な役割を持ってます。
「色白は七難隠す」にたとえ「緑は七難隠す」んだそうです(隠さなくてもいいかもしれませが。笑)
私が手掛けた、ある玄関のアプローチです。だいぶ良くなってきました。本物の材料を使ったことと、住まい手のお手入れのよるものでしょうか。(s)
a0121280_11224230.jpg

by oka200x | 2013-10-18 11:35 | H邸
お施主様と工務店さんのご協力で、嶋北House -Hの内覧会をすることに。
日時 11/12(土)
時間 AM10:00~PM4:00
場所 山形市嶋地区(ムービーオン山形北側)
駐車場、植栽、アプローチなど外回りの工事は手付かずですので、外観は未完です。。内部は、工事を請け負った櫻井建設さんならではの、SW構法+和調真壁つくりです。お気軽に覗いてください。
案内図。詳しくは櫻井建設さんのホームページにも掲載。
a0121280_23374726.jpg
内部階段
a0121280_23364144.jpg
玄関正面

あと、桜田S-BOXも見学可能です。シンプルでモダンな白と黒の箱。
こちらは、予約制ですので、当事務所までお申し込み下さい。
a0121280_23381219.jpg
南側外観
a0121280_23382935.jpg
内部階段。黒い部分は子供たちが落書きのできる黒板兼間仕切り!
by oka200x | 2011-11-10 23:49 | H邸
ようやく市内二つの現場で足場が解体され、趣の異なる姿を現しました。
a0121280_0124165.jpg
嶋地区のHouseH。外壁板張りの二世帯住宅。玄関の格子は和調?。
11/12の内覧会に向けラストスパート!
a0121280_013655.jpg
桜田地内のS-BOX。夫婦+子供2人のための、小さくても豊かな家。「コンパクトリッチ」白と黒と木による西側の構成。アプローチ、外構工事が完了すると外観に潤いが。11月中旬引越し予定・・・。こちらもクライアントの了解が得られれば近々オープンハウスを企画したいと思っています。(s)
by oka200x | 2011-11-03 00:19 | H邸
a0121280_23181327.jpg
House-Hの気密測定。減圧式の方法で行う。この建物はHouse-Kと同じ構造断熱パネル工法。
a0121280_2321186.jpg
まだ玄関・吹き抜けは出来上がってないため、とりあえずビニルで目止め。
a0121280_23213138.jpg
養生テープで外部ドレインも。隙間相当面積C値は0.5以下に!(s)
by oka200x | 2011-10-17 23:24 | H邸
a0121280_22121066.jpg晴天のなかHouse-H建て方開始。構造用断熱複合板を使用。外観がイメージしやすく、安定感がありますね!見上げるとビルのようです。
a0121280_22123785.jpgそして上棟式。和の吹抜け空間が楽しみです。。お疲れ様。そしておめでとうございました!(s)
by oka200x | 2011-07-31 22:27 | H邸
a0121280_2326491.jpg
House-Hの地盤改良工事。今回採用したのは、砕石パイル工法。≒5m のパイル計34本。まずドリル掘削。
a0121280_23263644.jpg
そのあと自然材料の砕石を投入し、ピストンバルブによって突き固め。将来地中に産業廃棄物や土壌汚染の問題が発生しない。また全生産過程においてCO2の発生も他工法に比べ少ないらしい。
a0121280_2327189.jpg
設計支持力30kN/m2。載荷試験により支持耐力の確認。安心である。(s)
by oka200x | 2011-05-18 23:36 | H邸
大安吉日。House-Hの地祭りがあった。敷地は市内住宅団地の一区画で、たいへん目立つところ。早速、地盤改良をし構造躯体も断熱複合板を用いるSW工法を採用。用強美を兼ね備えた家にしたい。
a0121280_2361921.jpg

by oka200x | 2011-04-29 22:48 | H邸